忍者ブログ
所謂雑記以下。表の裏に屑は掃き溜められて行くのです。Dust to Dust. 誰も読まないだろうからここにぐだぐだと長い文章を書いて見ました。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Everyone has beautiful name♪
あらら、気づいてみればこの月まだ一度しか更新してなかったのですね。
うっかりうかうかという気分です。
悔い改めます。


ぺたんと怠惰。
ブログ君は500kbまでしかアップロードに対応してくださらないので、
仕方なくたまにHPの方のアドレスで載せていたりするのです。
カラーになると重くなるのですね。
しかしまぁ、くすんだカラーですこと。


話変わりまして、私がまだいたいけな高校生だった頃(いけいけではない)、
学園祭の時に、卒業生の方がふらりといらっしゃったのでした。
その時にその方が仰っていた言葉が、印象的で、
今でも考えさせられるのです。

「絵を描く人は、絵だけ書ければ良くて、例えば身辺の世話とかは、
そう言うのが得意な人に任せてしまえば、お互いに幸せだよね。
世の中全員が、そう言う風に己のやるべきこと、出来ることに専念していれば、
もっと上手いこと行くんだろうになぁ」

流石におぼろげで不確かな記憶なので、100%そのまま引用になっているかと言えば、
勿論そんなことはありえないのですけれど、大体このようなことを、
仰っていたような気がいたします。

私はへぇぇと頷きつつ、釈然としませんでした。
また、その言葉の響きは私には、とても新鮮だったのです。

高校生。

と言えば、まだ若く、そして前途が広く、自分の幅を広げるのに必死でもある時期。
少なくとも私は、一人で何でも出来るのが最善だと思って疑ってませんでした。
その思想を否定された――わけではないのでしょうけれど、そう感じたのも事実ですね。
実際のところ、どの考え方が正しくて、あるいは間違っているなどと、
一概におこがましい判断を下せるほど、まだ私は熟成してないのでしょう。
お恥ずかしながら。

ただ……一つのことに人間が専念なんて、そうそう出来るわけもなく、
また、出来てしまえばそれは機械のようなもので、道具のようなものなのでしょう。
あの人は、それに色々な人は、機械や道具に憧れているのでしょうかね。
確かにそうなれたら、幸せかもしれませんものね。

与えられた仕事のみを、十全に万全に、つつがなくこなし続ける機械。

理想的です。
だからコンピュータや装置に私達は思いを馳せたり、
することがあるのでしょう。

……などと、考えることのある五月でした。
これも一種の皐月病なのかもしれませんね。(笑

ちょいなちょいな。
PR
コメント
この記事へのコメント
re: 絵を描く人は、絵だけ書ければ良くて
「やるべきことだけ」といえば聞こえもいいけれど。
自分が好きなことだけやって、
やりたくないことは人任せ。
そんなに、上手くいく仕組みとは思えませんけど。
家庭なら当然。
仕事でも、将来的に見て、微妙。

問題なく成り立つのであれば、ちょっといいな、とは思いますが・・・。
2009/05/31(日) 22:37:59 | | sera #2a9fc6ecf6[ 編集]
例えばそれは。
例えばそれは、全体で一つの、
蟻やミツバチの巣のような機構、社会構造なのでしょう。
その方も、真面目な意見ではあれ信仰して発言したわけではなく、
無闇な疑問や寄り道を挟まず生きられたら楽なのにな、
と言うような感想だったのかもしれませんね。(笑

けれど、そんな憧れやため息を吐いてしまうのが、結局私達と言うことでしょう。
レスポンスありがとう御座います~。
2009/05/31(日) 23:55:30 | URL | 梦現慧琉 #55403f8c1c[ 編集]
無題
川 ゚ -゚)つまり省略
2009/06/02(火) 18:50:04 | | 天乃舞雪 #990e75cbdf[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Comment:
Pass:
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック