忍者ブログ
所謂雑記以下。表の裏に屑は掃き溜められて行くのです。Dust to Dust. 誰も読まないだろうからここにぐだぐだと長い文章を書いて見ました。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

真面目と不真面目とじめじめの境目。
行き交う時もまた旅人なり。
松尾芭蕉でしたか。
なかなか小粋なセリフを吐いて下さる芭蕉さんです。

文化は時と場所によって決定される、らしいのですけれど、
時が旅人であるのなら、そうであるからこそ文化は移ろうのでしょうね。
歴史と言うものに価値があるのか、それとも無いのか、その価値観自体も移ろうのならば、
議論にどれだけの価値がありましょう?
堂々巡り。
輪廻転生。
まぁ、今までの経過を知っておかなければ、物語は楽しめません。
英語で歴史の事をStoryと書くこともあるのですから。

楽しむ必要があるか?
楽しい方が楽しいではありませんか。
私達は所詮人間なのですから。

などなどと、長々と前置きを書いておきまして。
いつものように長いです。竜頭蛇尾ですか。
けれど竜の頭で蛇の体って、結構かわいいのではないかと思います。
起承転結よりも、竜頭蛇尾の方が愛されるとか。
そんな四コマ漫画も、案外ありかも知れませんね。
成程。

そろそろ私のこの度の旅行も、終わりが近付いてまいりました。
特に人の生死や、はたまた世界の運命を賭けるような大冒険があったわけではなく、
平穏無事と言えるほどでもないものの、それなりにスリルもピースもある、
アドベンチャーもどきな旅でした。
なんだかつまらない、あるいは面白いオチがこれから付きそうで、内心どぎまぎですけれど。
救世主になったらどうしましょう。

まるで日記のようなので、これから反省会に入るべきかもしれません。
のんびりと行います。残りの人生をかけまして。

根幹を失うには不十分。
されど根幹を養うには十分な時間。
二週間。気づけばあっけ無いです。
けれど、二週間で養った観点なんか、一週間で戻ることでしょう。
日々これ鍛錬。
行き交う人も、そう、旅人なのです。

日本は暑いんですって?
あら、溶けそう。
PR
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Comment:
Pass:
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック