忍者ブログ
所謂雑記以下。表の裏に屑は掃き溜められて行くのです。Dust to Dust. 誰も読まないだろうからここにぐだぐだと長い文章を書いて見ました。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

毒の量産工場。
弱音は吐きたくない。
吐いた後で惨めになるから。
愚痴は言いたくない。
言った後味はすこぶる悪いから。
絶望はしていたくない。
するほどに何処にも行けなくなるから。
怠慢では居たくない。
その場所は酷く嫌な臭いがするから。
見栄ははりたくない。
敗れた時の衝撃に耐えられないから。
過去は振り返りたくない。
どれもこれも未来への足取りを重くするから。
逃避なんかもっての外だ。
逃げれば逃げるほど囚われていくのだから。

けれど。

強気になるほどに弱音を吐きたくなる。
綺麗事を言うほどに愚痴を言いたくなる。
希望を持つほどに絶望に近しくなる。
勤勉を心がけるほどに怠慢に魅せられる。
内実を満たそうとするほどに見栄にすがりたくなる。
未来を見据えるほどに過去を参照したくなる。
そうして、踏ん張ろうと足に力を入れるほどに、
気付けば地を蹴り、走りだしている。
逆方向へ。

受けとめようとした期待が重くて仕方ないのなら、
期待を受けるだけの価値なんてそもそも無くて、
圧し潰されるほど脆弱な精神と肉体なら、
さっさと潰れてしまえば後続の視界がひらける。

自分との戦いとか恰好良く言ってみたって、
結局世の中には自分しかいないんじゃないのか。
他人のことを考えようと試みたところで、
そんなの自己満足と大差ないんじゃないのか。
勝手なことを
甘えたことを
無責任なことを
たわけたことを
無様なことを
ふざけたことを
そんなことを言ってるから、
お前は駄目なんだよと。

大丈夫。
生きる価値なんてない。
生きる価値もない有象無象が生きている世の中だから、
あなたも別に生きていていい。

大丈夫。
病気なんて言い訳にならない。
怪我なんて言い訳にならない。
かかる奴が悪くて、かかった奴が使えない。
つまりお前は使えない人間だったというだけで、
使えない人間なら使えない人間なりに使いつぶされればいい。

大丈夫。
そんなことを言いつつも、
立ち向かう貴方はそれなりにましだって、
結果が出せなきゃ意味なんてないし、
こんなこと言わないでも頑張ってる人はたくさんいる。
要するに駄目な奴は駄目なことを言いながら駄目なりに頑張れれば、
駄目でもいいんじゃないの。

大丈夫。
大丈夫。
嘘をつくのばかり上手。
と思いこんでいればそれで良いじゃん。
気付いてもらえないのは、自分が上手く隠しているからって。
本当は全然隠し通せてなくて、気を使われて、笑われて憎まれてるだけだって。
知っているのに気付かない振りをしていれば、それで良いじゃない。
大丈夫。

責める人はいないよ。
自分以外に。
そんな暇人はなかなかいないよ。
もし責めて来る人がいたところで。
その人の損害を今さら貴方が自分が補えるだなんて。
贖えるだなんてそんなことはないんだから。
落とし前に。
指を切り落とされるような。
溜飲を下げるための行為でしかないよ。

やっちゃったものは仕方がないよ。
見下げ果てられたら見返しなんてできないよ。
見落とされたら見直しなんかされないよ。
出来るかもしれないけれど。
したところで。
不安は残るよ。

安定は消えたんだから。

それでも。
それでも、どうせ。
まだ、駄々っ子みたいに。
諦め悪く。
頑張るんでしょう?
そしていつかまた。
ここに返って来るんでしょう?
かえって来られなかったら、
逝ってしまうだけでしょう?
ほら。
頑張れ。
繰り返し、繰り返し。


畜生。
PR
コメント
この記事へのコメント
無題
 諦められないなら、諦めなければいいけど、辛いなら、休めばいい。人生には休憩が必要で、どんな体力がある人だって、走り続けることなんてできないんだから。
 ―――まぁ、それでもそんだけ辛いって思いながら走れるのは「強い」証拠で「頑張れる」いい子だと思うよ。
 けど、休憩はとろうね。
2011/08/03(水) 15:28:35 | | 無月緋乃 #527b9afa32[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Comment:
Pass:
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック