忍者ブログ
所謂雑記以下。表の裏に屑は掃き溜められて行くのです。Dust to Dust. 誰も読まないだろうからここにぐだぐだと長い文章を書いて見ました。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

嘘吐き。
四月一日はとうに過ぎましたけれど。
題名、嘘吐き。
ほとほり冷めたくらいにちょろっと湧くのが私らしい。
悪く言えば、いつだって流行遅れ。

私をご存知の方ですと、随所随所にそんな発言を見つけられてるのでしょうけれども。
私は、わかりやすく「嘘」と「本当」と「真実」と「偽」、「夢」やら「現」やらがぶった切れて分かれてるとは思ってません。
白黒決して世の中つかないように。

仮面をかぶって生きてるやら。
本当の私でいたいやら。
戯言も絵空事も甚だしいと思います。

何故なら、人は対する人によって、態度も思考も発言も変わります。
どれもが、場と時間に左右されるでしょう。
変わらない物がないなんてことは、どなたでもご存知でしょうけれども。
人間なんて、ぶれぶれぶれで、在るのは核ではなくてせいぜい枠組みです。
殻が在るか。
正確には、傾向が在る程度。

人の記憶力なんて大層お粗末なもので。
どんな場合だってその場しのぎで誰もが生きてて。
その場しのぎが重なり合って、問題なく回っていて。
川や風みたいに流動的で。
熱しやすく冷めやすくて。
それらが当たり前なのですから。
嘘も本当も、混ざり合って曖昧です。

なんて。
嘘と言う物を良く知らないだけかもしれませんけれどね。

だからどうと言われますと、約束は守りましょうとか。
一般的なところに落ち着くのですけれど、大抵は。

あえて言うのなら、「だから」。
「嘘」だとか「本当」とか、「こんなはずじゃない」とか「何かが違う」とか、
そんなものにぐらぐら揺らされていないで、
自分で決めたことは貫き通しましょう。

嘘も本当もなくても、
本当らしきものは、自分が作るしかないのですし。
作った物を嘘に変えてしまってるのは、いつも自分なのですから。
知った風に。

しかし考えてみれば、私は物心ついたころからずっとこんなことを考えてきているような気がします。
私ってば、嘘みたい。


と言うことで、落書きを載せてお茶を濁します。
ばっしゃくしゃん。




新学期やら始まってますこの頃。
皆さま、どうかご壮健で。
そう言えば、私はこんなものを作ったりしております。
TRPGのシステムですね。

ほふ、20分で書くと内容荒くなりますね。

PR
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Comment:
Pass:
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック