忍者ブログ
所謂雑記以下。表の裏に屑は掃き溜められて行くのです。Dust to Dust. 誰も読まないだろうからここにぐだぐだと長い文章を書いて見ました。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

即席・屑の元。

なにやら絵を見つけたのでちょいなと載せます。
混沌とんこんとしています。

文章は、書けて読めればそれだけのもの――と言う話を聞いたりしますけれど、
実際の所どうなのでしょうね。
実際の所どうなのでしょうなんて意見は、ありきたりですけれども。
ありきたりですけれども、あらゆる科学の出発点ではあります。
科学。
考証、実験、観察、考証。
それはもう波動のように、計算式のように繰り返される、機械的な有様です。
ありがとうさま。
素晴らしいです。

と言うわけで、実験してみましょう。
試してみましょう、錯誤してみるのです。
この文章は次の瞬間にでも忘れてしまいそうな、にわとりや子猫の脳味噌のような、
とても単純にして、純朴、朴訥とした、そんな試みです。
堪能。

試してみましょうと無責任な言葉ですけれども、色々と含蓄がありますよね。
何事もやってみないことには、進みません。
けれどやってみたら取り返しのつかないことになり兼ねなくて、それゆえに罪深い行為でもあります。
だからこそ、予めの注意と言うのが重要になるのでしょう。
うん、何も言えてませんね。

話題の方向性を考えましょう。
文章なんて、書いて読めればそれだけのこと。
内容から現実的な利益を得ようだなんて、とかくこんな雑多な文字屑には誰も求めては居ないのでしょうから。
存在するのは暇潰し、それのみ。
そう、暇潰しと言えば。
暇潰しこそが、生産の賜物であり、それこそが発展の動力源ですよね。

うふふ。

しかし暇潰しであるのなら、暇でない部分を潰してしまっては何にもなりませんよね。
何かの道具を誤ってつま先の上に落してしまうが如く、です。
タンスの角に小指の先です。
何てこと。
つまりは、どうせ血にも肉にも身にも蓋にもならないのであるのなら、
愉快で阿々大笑できる内容こそが好ましいのでありましょうと、つまりそれはエンターテイメント。
漫画や小説、音楽映画の存在意義です。

勿論愉悦こそが全てとは言いませんけれど。
全ての苦痛は愉悦に昇華されるべきだろうとは言います。
仲良く楽しく美しく、清らかさながらに。
抑圧と解放、圧縮弁と美味しいシチューですか。

人生はシチューであり、あるいは日本風に言うのなら、おでんのようなものである。
色々な具が在るからこそ美味しいのさ、
とはどんな人でも一度は言ったり聞いたりすることでしょうが。
とりあえず、食べればほくほくになりますね。
人生冷え冷えしてちゃ、暖房代ゆえ省エネにもとります。

なんにせよ、眠る時はお布団忘れず、温かくして気持ちよく。
それが最善への第一歩……で、あるはずです。
そうでなければ、なりません。

ううん。
七転八倒、寝返りにて。
PR
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Comment:
Pass:
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック