忍者ブログ
所謂雑記以下。表の裏に屑は掃き溜められて行くのです。Dust to Dust. 誰も読まないだろうからここにぐだぐだと長い文章を書いて見ました。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

クランベリーが呼んでいる。
 
クランベリーソースとパンプキンパイは、ハロウィーンや感謝祭でのつきものだそうです。
本当でしょうか。
でも不思議と惹かれる響きがあります。
ぎゅんぎゅん。

溶解理論とでも申しましょうか。
私は世の中が不可分な一様にして茫洋たるものに思えてなりません。
個別にくっきり分けられているのではなく、
濃度のようなパーセンテージ、『どちら寄りか』と言う概念があるだけで。

SMで言えば。
MはSの前ではMなのでしょうけれど、ドMの前ではどちらかと言えばSであり、
Sの人もドSの前では実はMだったりして、微SMの人とかも実はいたりして。
そしてはたから見たら結局SMの、同じ穴の狢、と言うような。
むじむじなんなん。
Sの人はMの気持ちがわからないと悦ばせられないし、
Mの人はSの気持ちがわからないと気持ち良くないって、言いますけれどもね。

光だとか闇だとか。
正しいとか間違ってるとか。
白とか黒とか、君とか僕とか。
結局は、プラスかマイナスか、右か左かのような、
軸上での傾向に過ぎない基準、なのではないでしょうかね。

だからこそ。
そんな曖昧に一様に広がる世界だからこそ。
何か伝えたいことがある時は、
ナイフを研ぐように、考えを収斂させて、突き詰めて。
きっちりかっちりはっきりくっきり、何かの形へ決め切りませんと、いけないのでしょう。

などと。
広がりかけたまま文章を書いてみました。
きっとこの文面では、誰に対しても、伝わりにくい。
いつかまた、もっと鋭くさせて、形にしたいです。
スパっと。 快刀乱麻。
PR
コメント
この記事へのコメント
無題
鋭く磨いだ刃物は折れやすいから注意しないとな。
2010/07/05(月) 01:15:22 | | Coutney #9a72a33e5b[ 編集]
確かに。
そうで御座いますね。
そもそも危険で御座いますし。
馬鹿と刃物は使いよう。
です。
2010/07/05(月) 01:24:32 | URL | 梦現慧琉 #55404000fb[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Comment:
Pass:
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック