忍者ブログ
所謂雑記以下。表の裏に屑は掃き溜められて行くのです。Dust to Dust. 誰も読まないだろうからここにぐだぐだと長い文章を書いて見ました。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

おはよう、目の前の景色。
ふと、あの懐かしい幼いころを想う。
おぼろげでも記憶が残っているのは、保育園の高学年からだ。
小学生の頃のものも、手繰ろうとするほどに、
線香の煙のように散っていく。
くゆり。
ふわり。

何かになれるとは思っていなかった。
あるいは。
何にでもなれると思っていた。
明確なビジョンが。
的確な景色が。
何も見えなかったから。

今も同じ。
夢見がちな私に、
夢なんて何もなかった。
何となく良さそうなものを、
何気なく言葉にして並べていた。
切り抜けるように将来を語った。

小学二年生の始業式の時を覚えている。
小学一年生が終わってしまったことに感じ入り。
自分の一年分の成長に心ときめいた。
無性にどきどきして、わくわくはしなかったかもしれなかったかもしれない。
何もしてなかったのに。
勝手に時は進んでいくのだと。
違和感が渦巻いて、落ち着かなかった。

過去は今の残滓の山で、
今は過去の階段の上で、
未来は今の埋め合わせ。
未来像は描けずとも、未来は来るし。
到来した未来は、結局ただの現実だ。

そんなことに、
絶望すら出来ない。
失望する隙も無い。
気付けば、自分にとって順当で当たり前で当然な今が在る。
見事な私にはお生憎な。
惨めな私にお似合いの。
何もしてこなかったから、何にもならないんだ。

小学一年生がやがて終るように、
ただ終わって行く日々を、冷めた目で見つめている。

ふと気付いたように前を見据えるも、
そこに見えるものなどありもしない。

長い娯楽にくすんでしまった眼球は、
眼鏡なしには物を見られなくなっているのだ。

映り込むのは、
歪められた事象と他人。

眼精疲労で、やがて頭が痛くなる。
頭痛が吐き気を誘発して、寝込んでしまうも。
風邪の最中に、夢など見られない。

時間だけが過ぎる。



けれど体には免疫があるから。
泣きごとを言う弱気な私のウィルスを、
駆逐して。
いつかはまた、正常に戻る。

おはよう、今日も一日、頑張ろう。

何もなくても何とかなるし。
何もしてなくても、何かが出来るはずだから。

信じることができない自分を、
だましだまし生きて行く。
PR
コメント
この記事へのコメント
びゅん
台風それた。楽しみにしてたのに!
不謹慎な事思ってたあたしに罰として台風来い!
2010/10/31(日) 03:40:56 | | たまご #986e39d49e[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Comment:
Pass:
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック